「墓地」と「霊園」、同じようですが明確な違いがある

「墓地」と「霊園」。

どちらもお墓に代わりはないものの、具体的に何が違うのか…、皆さんご存知でしょうか?「墓地」は一般的にはお寺が経営するお墓のことです。

それゆえ墓地を購入する事はイコールお寺の檀家になることです。

檀家になると法要の際の便宜が良いのがポイントですが、お寺へのお布施が必要だったり、檀家同士の付き合いがあったり、また宗旨や宗派も制限されるので注意も必要です。

「霊園」には地方自治体が運営しているケースと、民間業者が運営しているケースがあるものの、墓地とは違ってどこかのお寺に属しているという事はありません。

公園風の広々とした作りが多く、宗旨や宗派も問われません。

それゆえ檀家制度もないので、お布施などを支払う代わりとして、永代使用料という土地をお墓として利用する権利費を支払います。

「墓地」と「霊園」それぞれにメリットもあればデメリットもあるので、ご自身でどちらのほうが良いのか…、よく検討してみることをオススメします。